緊急クエスト:脱出せよ!(Bパート)

カチッ

ss20160215_183329.jpg
クレノーン「完成じゃな…」

パズルを解き始めて早15分、ようやっと完成した。

手元には、側面に黒い太線で×印を描かれた立方体が1つ。

一見同じ×印だが、微妙に線の太さや位置が異なっている。

目が疲れたのぉ…中年にこんな細かい作業させんでくれ。

ss20160215_180724.jpg
クレノーン「完成してコイツが開く、と言う訳ではないか。となると…」

何の躊躇いもなく、手に持つ立方体を蓄音機に戻す。

すると、カチッと小さな音がする。

かと思えば、蓄音機の側面が引き出しの様に開く。

なるほど。ここはデザインじゃのーて収納部分じゃったか。

そこから出てきたのは、1枚の紙だった。どうやらヒントのメモらしい。

【「メモ用紙」を入手!】

ss20160215_183329.jpg
クレノーン「今度は…ほう、直球なヒントじゃのー…」

蓄音機から出てきたメモ用紙。そこには歪な書体で

『希望を見つめ、地へ導く』

と、大きく書かれていた。…何故かカラスの声がした気が。

しかしナメられたもんじゃ、こんなもんはヒントとは呼ばん。

もう答えそのもの…脱出の基礎じゃな。

【「メモ用紙」を使用した!】




ss20160330_220303.jpgss20160330_215759.jpgss20160330_215854.jpgss20160330_215942.jpg

この空間において、方向を指示する対象はいくつかある。

その中で「地」つまり「地面」「底」「下」を指しているのは

ss20160501_000732.jpg

このドレッサーの絵…イリスカードだけじゃ。

ドミニオンの女が、地に短剣を突き立てているこの絵。

まるでコチラを「見つめ」剣の先にある何かへ「導く」と言わんばかり。

ss20160215_180724.jpg
クレノーン「剣先のすぐ手前…もしくは、その周辺を探れっちゅー事か」

ここからは手探りでも十分事足りる。

早速ドレッサーの額縁の周り、正確にはそこの更に一角のみ。

そこを入念に調べていく。

すると何やらスイッチらしきものが。押すと、

ポンッ!ガシャンッ

…えらく派手な音と、金属の音。

金属音がした方向を向くと

ss20160330_175614.jpg

紛れもない、なにかしらの鍵が落ちていた。

【「金色の鍵」を入手!】

ss20160215_180724.jpg
クレノーン「鍵…大体、何処のか分からんから使えそうな所に片っ端から使う。
      …のが、普通なんじゃがのー。ちっと分かり易すぎんかのぉ…」




ドスッ!と、忘れかけとった「アレ」を用意する。

ss20160330_175410.jpg
序盤で発見した、金属製の「謎の箱」。おそらくはコイツで…

ガチャンッ

【「金色の鍵」を使用した!】

【「謎の箱」が開きました!】

ss20160215_180756.jpg
クレノーン「こっ、こいつは…!」

箱の中身、そいつは驚くことに



じゃった。

【「棒」を入手!】


ss20160215_180756.jpg
クレノーン「ちょい待たんかぃ、この箱に対して長さあり過ぎじゃろ」

…いかんいかん、変なペースに持っていかれとる。

この際、理論だの法則なのは気にせん。今大事なんはアイテムじゃ。

コイツはどこまで使えるかのぉ…何処、ではなくどこまで…な。

じゃが、まず考えられるとすれば…あそこか。





ようやっと進み始めた脱出劇。

いざ進むと、案外呆気無く解けるもんじゃ。

しかし、言う程はゆっくりもしとられん。

時計が無い為、正確とは言えないが恐らく今は昼前じゃろう。
(描け時計は仕掛けのせいか動かんらしい)

向こうにはあるんじゃろうが、おいちゃんは時間が無い。

もうボチボチ、例の時間じゃ…急がんと。









~つづく~

スポンサーサイト
プロフィール

yamimui

Author:yamimui
エミルクロニクルオンラインの
二次創作小説ブログです。
自己満足で作ったモノなので、
読む際は自己責任で…

荒らしやクレーム等は
ご遠慮下さい!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

権利表記
(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc. このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。 なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。