物語のTo Be Continued

ビュート顔4
ビュート「ふぇーーーんっでございますぅ~…!!」

ゾル顔2
ゾル「DEM子さ、その謎の感情のアピールやめてくれる?
   敬語であることを心掛けてるのかもしれないけど、泣くなら普通に泣け」

ビュート顔4
ビュート「わぁーんゾル様が冷静に冷淡ですーーー!!」

ビブリア顔1
ビブリア「はいはい、泣いても良いけどもう少し静かにねビュートちゃん
     ゾル君も、本当に悲しんでる相手にそんなこと言わないの」

エラトス顔1
エラトス「オラオラお前らー、なーに世界のオワリみてーな顔してんだ全くよー」

ゾル顔1
ゾル「うん、終わるね世界。2017年8月31日にボク等のいるこの世界、
  『エミル・クロニクル・オンライン(ECO)』は終焉を迎えるんだからね」

ビュート顔4
ビュート「こんなに早いお別れなんて、そんなのあんまりでございます…
     姫君や皆様と、まだまだこれから素敵な毎日を送る筈でしたのに…
     我々の物語は…打ち切りで終わってしまうのですか…」

ビブリア顔2
ビブリア「そうだね、『いつか』はって思ってた。でも、こんなにすぐなんて
     …この世界が素敵で楽しくて、時間が過ぎていることを忘れてて、
     その『いつか』が近づいてることを気付けなかったね」

ゾル顔2
ゾル「…ボクが言うのも可笑しいかもしれないけど、
   随分と冷静に受け入れてるんだね、ビブリア」

エラトス顔1
エラトス「いや、サービス終了を聞かされた当日は号泣してたぞ」

ビブリア顔6
ビブリア「余計なこと言ってんじゃねーよ」

エラトス顔2
エラトス「あ、サーセン」

ビブリア顔1
ビブリア「…でも、まぁ、そうなんだけどね。そりゃそうだよ、嫌だし悲しいよ

     寂しくて退屈で、なんとなく過ぎていく毎日に、ある時巡り合えたこの世界
     生きる目的になって、頑張る目標が出来て、楽しみを見つけて、
     人間不信で他人と自分から接することが怖くて出来なかったけど、
     少しでも同じ世界に生きる人と関わってみたい、
     私と言う存在を見つけて欲しい。そんな思いでコミュニティーを広げたり、
     今までやろうとしなかったことに挑戦してみたり、
     それらは全部、このECOって世界が教えてくれたんだから

     勇気を出して声を掛けて、友達と出会う事が出来て、
     不器用でも不格好でも、自分に出来ることをアピールして、
     大切になった誰かの為に何かをして、
     後ろ向きなばっかりに、相手の思いに気付けず傷付けて、
     また誰もいなくなると思った時もあった。その時も沢山泣いたっけ
     でも、その人はそんな私でも受け入れてくれて、許してくれて、
     今も変わらず仲良くしてくれてる。それが嬉しくて、また泣いてた
     そして気付けば、今は沢山の繋がりが出来た
     ちっぽけな存在だった私に、素敵な人達が寄り添ってくれた
     ECOがなければ、絶対になかった『今』がここにあるの

     だから、そんな大切をくれた、掛け替えのない場所になってた
     この世界が終わる、そう聞かされた時はショックで放心状態だった
     もう世界を楽しむことが出来ない、もう皆と会えない、
     もう冒険に行く事が出来ない、もう…ここで出会えた繋がりは消えてしまう
     そうなったら、もう私には生きる目的が無くなるのかな、ってね…」

ゾル顔2
ゾル「でも、過去形ってことは、今はそうじゃないの…?」

ビブリア顔1
ビブリア「今だって悲しいし寂しいし、受け入れたくなんかないよ?
     でもさ、まだ時間は残されてるし、やれることはあるんだよ
     それに、もしかしたら…って、まだ希望が残ってるかもしれない

     それに、終わったりなんてしないんだよ
     ゲームは遊べなくなるし、写真を撮ったりもできなくなるけど、
     私達の手で、この世界を広げていくことは出来る
     ゲームが終わったくらいで関係が終わる程、
     この世界の人達の絆は弱くないしね。繋がりもきっと続くと思う

     だからね、見える部分が減るだけでECOそのものは消えない
     信じていれば、夢見ていれば、そこに世界はあるんだよ」

エラトス顔1
エラトス「それに、お前達は気付いてないのか?」

ビュート顔3
ビュート「…? 気付いてない、と言いますと?」

エラトス顔3
エラトス「ここには土地神の俺だっているんだぞ、俺がいるのに
     お前達の物語が終わるなんてあるもんか!
     さっきビブリアも言ったが、見えるものが少し減るってだけだ
     元々は文章だけでやる予定だったんだぞ、このブログ
     それが元に戻るだけ、消えるんじゃねーのさ!
     本当に必要なら、今度は絵にでもすればいい!
     ECOって地盤さえ忘れなければ、お前達はどこまでも進めるだろ?
     だからドーンッ!と、少なくともその時が来るまでは
     いつも通りで過ごしたっていいんだ、神は許すぞ!!」

ビュート顔1
ビュート「…お2人は、本当にお強い方々です。心より尊敬致します
     ダンビュライト、世界が永い眠りにつくその時まで、
     変わらぬ己でいることを約束致します」

ビブリア顔1
ビブリア「うん、無理しない程度にね
     …でも悲しんでばかりもいられないねー」

ゾル顔1
ゾル「? まだ何かあるの…?」

ビブリア顔7
ビブリア「サービス終わるにしろしないにしろ、
     このブログの課題は多いよー!
     プロフィールを書き直したり、画像の不具合の修正したり、
     あ、今後はオリジナルの設定を公に出来るね!
     オリジナルの服着たりとか、羽とかもデザイン変更しても良いかも、
     必殺技を決めるのも楽しいかも!」

エラトス顔1
エラトス「迎えてるがまだ登場させてないメンバーの
     アイコンも用意しないとだしなー
     俺も御魂フロンが来てくれたし、何処かで撮影させてもらわないとな」

ビュート顔2
ビュート「お願いしたら、アーサー様やクローラキャリアーやあの方も
     撮影して頂けますか?
     登場があるかは分かりませんが、残して頂きたいです」

ビブリア顔2
ビブリア「あー、うん…そうね、私は特にパートナー多いからな…
     早く他の皆のアイコンも用意しなきゃいけないんだった…
     資料として全身の写真やポージングも取らせてもらわなきゃ
     うぅー…課題は尽きないもじゃー…(ブツブツ」

ゾル顔1
ゾル「…なんだかんだで、終わることは悪いことばかりでもないんだよね
   こうして終わることで生まれる自由が、新たな可能性になることもある
   終わることは悲しい、終わって欲しくないのは事実
   でも、終わった先にも希望があるのも事実
   であれば、どっちに転んでも良いように動かないといけない
   どんな結果になろうとも、後悔しないよう歩いていく
   その1秒を、どうか大切にね…」

ビブリア顔3
ビブリア「ECOは終わってしまっても、このブログは変わらず
     皆様に私達の活動報告をしていく所存です!
     次のお話だって色々練ってますし、挿絵が無くなってはしまいますが
     それでもどうかお付き合い頂けると嬉しいです
     これから先も、宜しくお願い致します!!」
スポンサーサイト

あくまで美味しいお話を


ガチャ…カチャカチャ…

ss20170109_204723.jpg
クレノーン「…ちぃと、厳しくなってきたか」


クレノーン顔2
クレノーン「ふぅっ…。ワシと違って、お前は年月経っとるからのぉ…
      劣化に対して修理が追い付かん。そろそろ戦うんは難しいか…」

ss20170109_205402.jpg
クレノーン「…コイツはロズの遊び道具にでもするかのぉ」

カタンッ
「たぁいまぁー」

ロズ顔3
ロズ「おいしゃ、あーね、がっこ、みんにゃでねっ!」

クレノーン顔2
クレノーン「…ロズ、今おいちゃん油まみれなんじゃい…じゃからの、
      汚いの移るし、おいちゃんが世間から綺麗にされ兼ねんからのぉ…」

ロズ顔2
ロズ「…うっ?」

クレノーン顔1
クレノーン「…おいちゃんは着替える、ロズはまず手ェ洗って来ぃ」

ロズ顔6
ロズ「うぃっ!おてて、わしゃわしゃー!」






ロズ顔3
ロズ「おーぅ♪わしゃわしゃ、できたー」


『おいしゃー、できたー!』

ss20170412_235725.jpg
クレノーン「(甚平しか無かったか…着物も用意せんとのぉ…)
      ロズ、聞こえとるから傍で叫ぶな」

ガララッ

クレノーン顔1
クレノーン「やれやれ…。待たせた、そんじゃあ話聞いちゃる」

ロズ顔6
ロズ「うぃっ!あーねあーね、みにどぅと、どりゃと、えにょぐで
   くろーりゃーnグゥ~Σはぎゅっ!!」

クレノーン顔2
クレノーン「(ミニー・ドゥーとドラッキーと絵の具でクローラーに何をした…)
      …腹、減ったんか。昼飯はどうした」

ロズ顔5
ロズ「おうぅ~…おべんと、はんぶ、たべてにゃい…」

クレノーン顔2
クレノーン「何じゃ、ひっくり返しでもしたんか…ん、3時前か
      紫のアイツにおやつでも集って来ぃ」

ロズ顔1
ロズ「にぇー、おでかけ…いにゃい…」

クレノーン顔2
クレノーン「肝心な時に使えん奴じゃのー、何が神じゃ全く…
      ………しゃーない。ワシもちぃと腹が減ったしの」







ss20170413_000221.jpg
クレノーン「(台所なんぞ、立つんはいつ振りになるかのぉ…)」

クレノーン顔1
クレノーン「…すぐ出来そうなんは、やっぱ食パン焼くくらいじゃな…
      乗せるもんは…まぁ、こんだけあれば十分か」

じゃこ味噌ネギチーズ
クレノーン「じゃこ、味噌、ねぎ、そんで仕上げ用のチーズ、と…始めるか」

KIMG0011.jpg
クレノーン「(じゃこを歯ごたえ出るように、ごま油で炒めて…)」

クレノーン顔1
クレノーン「炒め終わったんは除けといて、次は味噌かのぉ…「おいしゃー」ん…?」

ss20170412_210209.jpg
ロズ「おいしゃ、てちゅだい、できぅ、よ」

クレノーン顔1
クレノーン「ん、働かざる者喰うべからず、良い心掛けじゃ…
      そんならロズ。そこのねぎ、刻んとってくれ」

ロズ顔6
ロズ「うぃっ!」

クレノーン顔2
クレノーン「…切る時、反対の手はちゃんとバルルの手にせぇよ
      戦闘のナイフとは勝手が違う、包丁は正しく手ェ添えるんじゃぞ」

ロズ顔1
ロズ「ばりゅりゅ…?」

クレノーン顔2
クレノーン「こう、指を丸めて…ん、やってみぃ」

ロズ顔3
ロズ「おーぅ!う~♪ね~でしゅ♪ね~でしゅ♪」トンットンッ

クレノーン顔1
クレノーン「(…飲み込み早いのぉ。これが若さってやつか…)
      終ったら、そこの味噌の皿にねぎ入れて、よぉ混ぜといて…ロズ?」

ロズ顔4
ロズ「うぅー…」

クレノーン顔2
クレノーン「(…ねぎが目に染みて、それ所じゃなかったかの…スマン)」




ロズ顔5
ロズ「ぉう~…でき、た…よ…うぅー…ねぎ、くしゃい…」

クレノーン顔1
クレノーン「ん、よぉやったの。…しっかり洗って来ぃ
      その間に、おいちゃんはこのねぎ味噌を」

ss20170413_001037.jpg
クレノーン「軽く炙っておくかの。…危ないけぇ、あんま近寄らんのじゃぞ
     (ちぃと量が多かったかのぉ…まぁ、多少は日持ちするじゃろ)」

ロズ顔3
ロズ「ふへへぇ~♪い~にぉ~い♪」

クレノーン顔1
クレノーン「ロズ、洗い終わったんなら次の準備しといてくれ
      炙り終ったら、コイツをパンに塗ってくぞ。食う分だけ用意せぃ」

ロズ顔6
ロズ「うぃっ!おいしゃ、にゃんまい?」

クレノーン顔2
クレノーン「…2枚かのぉ。出したら、1枚ずつ皿に並べてくれ」

ロズ顔3
ロズ「うー♪ カチャカチャ
   …おいしゃ、こぇ、いい?」

クレノーン顔1
クレノーン「おぅ。そんなら… ゴソゴソッ
      ん、コイツで塗ってくぞ」

KIMG0012.jpg
ロズ「ぺったぺった♪おーぅー♪」

クレノーン顔1
クレノーン「…あんま塗り過ぎんよぉにな、辛いぞ
      塗り終ったんは、焼いたじゃことチーズ乗せてくぞ」

ロズ顔1
ロズ「うー…こぇ、のしぇ、る、でき、ゅ?」

クレノーン顔1
クレノーン「どれ…ん、大丈夫じゃぞ。なら、乗せるぞ」

ロズ顔3
ロズ「うぃっ♪ぱりゃぱりゃ、いっぱぃ♪」

クレノーン顔2
クレノーン「乗せ終わったら、焼き目が付くまで焼く パタンッ
      …その間に、後始末じゃ。ロズ、洗いもんは出来るか」

ロズ顔6
ロズ「おーぅ!やりゅ、よっ!」







パカッ
KIMG0013.jpg
ロズ「うぃっ!でき、たっ!」

クレノーン顔2
クレノーン「…熱いけぇ、出す時と食う時は気ぃ付けるんじゃぞ
      しかしアレじゃ…中の人の写真技術があまりにも酷じゃな
      間間の挿絵がぼやけとって、何描いとるか分からん」

サーセン…;(yamimuiより)

ロズ顔1
ロズ「うー…おいしゃ、たべ、て、いい…?」

クレノーン顔2
クレノーン「ん…?おぉ、火傷せんよぉにしぃ」

ロズ顔6
ロズ「うぃっ!いた、らきま、しゅ!(モグモグ
   …あちゅいっ

クレノーン顔3
クレノーン「気ぃ付け言ったばっかりじゃろーて、全く…
      さて、ワシも仕上げに取り掛かるかの…
      凍結薬を焼酎とソーダ水で割t「あらあら、面白いことをしてるのね」

ss20170412_212345.jpg
ブラウニー「人がイメージチェンジに出てる間に、随分と楽しそうね…♪
      もう、酷いじゃない。こんな面白そうな事、あたし抜きでやるなんて」

クレノーン顔2
クレノーン「……………どちらさんで

ブラウニー顔6
ブラウニー「貴方を監視する為に降り立った、神でファーマーのマドンネンブラウよ
      大まかな容姿は変わってないんだから分かって頂戴」

ロズ顔1
ロズ「おぅー…にぇー、かみ、ふわぁふわぁ…おにぇー、しゃん?」

ブラウニー顔7
ブラウニー「ウフフ、ローゾフィアちゃんなりの褒め言葉としておこうかしら…♪
      あ、そうだわ…お客様をお連れしたわよ」

クレノーン顔4
クレノーン「オイ、此処はワシの飛空庭じゃぞ勝手に招くな
      おいちゃんはこれから飲むんで忙しいんじゃ、追い返せ」

ブラウニー顔6
ブラウニー「そんな暇があるならアイコンでも撮り直しに行きなさい
      …それと、お客様はローゾフィアちゃんに用があるそうよ」

ロズ顔1
ロズ「…うっ?」ガチャッ

ブラウニー顔5
ブラウニー「あら、いらっしゃい」

ss20170419_020531 (2)
クレノーン「………何じゃい、この生き物は」

ロズ顔1
ロズ「おぅ…?…おべんと、おいし、かった…?おにゃか、だいじょぶ…?」

クレノーン顔1
クレノーン「…理解出来たくはないんじゃが、お前はこの謎の生き物と知り合いで、
      今日の空腹の原因が、この生き物に昼食を分けたから、とか言うんか…」

ロズ顔2
ロズ「うぃ…おにゃか、ぐーぐー、ぐったり、かわいそー…」

クレノーン顔2
クレノーン「…ロズ、その優しさはせめて言語の通じる相手に向けてくれぃ
      こんな謎の生き物、懐かれても飼えんぞ」

ss20170419_020529.jpg
???「いい加減、ファウストじゃなく私に注目してもらえるかしら?」

メフィスト顔1
???「全く、わざわざ来てあげたのに失礼な人達ね」

クレノーン顔2
クレノーン「…おいちゃんからすれば、変な生き物に乗った名乗りもせん小娘が
      庭の持ち主に無断で上がり込んで偉そうにしとって、歓迎は出来んな」

メフィスト顔4
???「あら、そう言えば名乗ってなかったわね。これは失礼
    初めまして、私はメフィストフェレス。下のはファウストよ」

ロズ顔1
ロズ「ふぁしゅと、と、めふぃ、れ…?」

メフィスト顔1
メフィスト「呼びにくいのなら、メフィストでも良いわよ」

ロズ顔2
ロズ「おぅー…め、ふぃ…?」

メフィスト顔3
メフィスト「…まぁいいわ。それより、本題に移りましょう
      このファウストに餌付けなんてした物好き、貴女で間違いないわね?」

ロズ顔1
ロズ「うぃ」

メフィスト顔2
メフィスト「そう…。いくら『げぼく』がとは言え、それにより私は、
      貴方に借りが出来てしまったわね
      契約の悪魔としては、この展開はあまり面白くないわ」

ロズ顔2
ロズ「…?ふぁしゅと、ごはん、だめ、だった…?」

メフィスト顔1
メフィスト「いいえ、そこは今更気にしないわ
      問題は『貴方にこの借りをどう返すか』ということよ」

ロズ顔2
ロズ「う…??」

クレノーン顔2
クレノーン「要するに『助けてもらったからお礼がしたい』っちゅーことじゃ」

ロズ顔3
ロズ「! おーぅ♪」

メフィスト顔1
メフィスト「勝手に意訳しないで頂戴、アレするわよ」

クレノーン顔2
クレノーン「どれじゃい

ブラウニー顔5
ブラウニー「メフィストフェレスちゃん、結局は貴女は何をしに来たのかしら…?
      早く言わないと、このやり取り堂々巡りになるわよ」

メフィスト顔7
メフィスト「…そうね。まぁ、最初はファウストなんか助ける物好き、
      簡単に契約できそうだし、おもちゃにして弄んでやろうかと思ってたわ」

ブラウニー顔6
ブラウニー「あら、随分と楽しそ…良い趣味してるのね」「おい今楽しそうって」「気のせいよ」

メフィスト顔3
メフィスト「でも実際に会ってみたら、気が変わったわ」

ロズ顔1
ロズ「?」

メフィスト顔5
メフィスト「一見は飾られた人形のようなのに、人の黒い部分を知らない無垢な人
      それでも芯の部分はしっかりしてる、愛でるでも観察するでも遊ぶでも、
      貴女なら退屈しないで済みそうだわ♪」

ロズ顔2
ロズ「うっ?うぅっ…??」

メフィスト顔3
メフィスト「聞いた話では、貴方は冒険者見習いだったわね
      契約、ではなく趣味として、貴女の冒険に手を貸してあげても良いわ
      でも面倒なのは嫌よ?手伝ってあげるのは趣味の範囲でだけ
      それに貴女、愛でる方が面白そうね。そっちが本命になるかしら?」

ロズ顔5
ロズ「おぅう~…めっふぃ、おはにゃし、むじゅかしぃ…どう、ゆーこと…?」

メフィスト顔7
メフィスト「…この私に言わせようっていうの?
      仕方がないわね…つまりは」

クレノーン顔1
クレノーン「つまりコイツはロズと仲良ぉなりたい、っちゅーことじゃ」

メフィスト顔1
メフィスト「さっきから余計な口を挟まないで頂戴
      第一、貴方は無関係でしょ。これは私とこの子の話よ、外野は消えて」

クレノーン顔2
クレノーン「オイ小娘、おいちゃん今はコイツの保護者代理じゃけぇ、
      無関係どころか関係大いにあるんじゃぃ
      そもそも何じゃ、その口の利き方は。年上には敬意を払わんかい」

メフィスト顔6
メフィスト「敬意はそれに値する相手に対してするものよ、年齢は関係ないわ
      私のような可憐な幼女にそーんな古臭い考え、押し付けないで頂戴?
      ねぇ、お・じ・さ・ん?」

クレノーン顔2
クレノーン「…おじさん呼びは別にえぇ、実際おいちゃんじゃからの
      そんでも、そんな態度を取るような奴に姪を預ける訳にはいかん
      素直に『仲良くしよう』が言えるようになってから出直して来ぃ」

メフィスト顔1
メフィスト「煩いわね、どんな言い方をしようが勝手でしょ
      本当にアレするわよ、泣いて謝っても後悔することになるわよ?」

ロズ顔5
ロズ「お、おぅ…?おいしゃ…?めっふぃ…??
   こぁい、よ…?にゃかよ、く…しよ…?」

ブラウニー顔6
ブラウニー「あらあら、まあまあ…♪ローゾフィアちゃん、愛されてるのねぇ…♪」

メフィスト顔4
メフィスト「ローゾフィア、貴女が決めて頂戴
      私のお人形として、今日から頑張ってくれるわよね?」

クレノーン顔1
クレノーン「恩返しじゃなかったんか。ロズ、悪いことは言わん
      こういうのとは関わるな、危険な綱渡りはお前にはまだ早い」

ロズ顔5
ロズ「お、おぅう~…!!;」













ブラウニー顔8
ブラウニー「やれやれ、クレノーンだけでなくローゾフィアちゃん
      彼女もまた、観察してみるのも面白いかもしれないわね…
      うふふ、上位神への報告が楽しみだわ…♪
      それでは今回はこれでお開き、また次回お会いしましょう」

プロフィール

yamimui

Author:yamimui
エミルクロニクルオンラインの
二次創作小説ブログです。
自己満足で作ったモノなので、
読む際は自己責任で…

荒らしやクレーム等は
ご遠慮下さい!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

権利表記
(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc. このページ内におけるECOから転載された全て のコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。 なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。